電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

電話に出るのが苦手であまり出たくないのですが

電話に出るのが苦手であまり出たくないのですが、いつも電話に出ると自然にお辞儀をしてしまいます。そして、初めての人に対しても「いつもお世話になっています」と、ついつい言ってしまうことがあります。
私はあまり話すことが得意でないため、聞き役になることが多く、あまり気の利いた返事ができないので、長電話はしない方です。

しかし、面と向かって話すよりも話しやすいこともあります。例えば、疲れていて化粧もしてない日で、誰とも会いたくない日は、電話は大変便利です。
女性は特に見られることが多いため、視線がストレスになることがありますが、電話だけなら声のトーンを上げておけば、機嫌が良い対応が出来ます。

しかし、これは全て日本語での対応の話になります。外国に住んでおり、英語で話すとなると話は別問題です。
電話対応は普通に話すよりも難易度が高く、聞き取りが難しいです。
早口で話されると、何を言っているのか理解できないことがあり、大変だったことが何度かあります。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.