電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

電話の受け答えをする際には

電話の受け答えをする際には、誰しも自分でも気付かないうちにやっているクセや習慣、というのが必ずあると思います。
ちなみに、私が他人からよく指摘されてしまう、ついやってしまうクセといえば「声を作ってしまう」事です。
特に、弟からは「普段、家族相手に喋っている声色とは全然違う」と、ハッキリいって大変気持ち悪がられているのですが、自分ではそこまで声を作っているつもりは無いので、そう言われる度に結構イラッとさせられます。
特に男性よりも女性というのは、全般的に普段の声と電話で喋る時の声が全く違う、といったケースが多いようです。
私も女友達と一緒にいる時に、彼女達が電話をしている声を何度も聞いていますが、やっぱり普段仲間内で会話している声とは全然違います。特に電話を掛けてきた相手が好意を持っている異性だったりすると、只でさえ作っている声のトーンが、更にもう1ランク高音になるといった感じなので、大変分かりやすいです。

こういった点からも、女性というのは男性よりも遥かに「ええ格好しい」が多いなと、改めて実感させられてしまいます。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.