電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

あまり会わない目上の親戚からの電話が、1番苦手です

あまり会わない目上の親戚からの電話が、1番苦手です。

知らない人からの電話だったら、それなりに礼儀正しい応対ができるのですが、目上の親戚への礼儀は、あまりきちんと応対しすぎても冷たい印象をあたえそうだとか、あまり今の状況を聞かれたくないとか、体裁などを色々考えてしまうので緊張します。
そういう時に出てくる電話応対のくせは、言葉の最初に「あ」と言ってしまうことです。
耳障りがよくないのは分かっていますが、止められません。仕事場での電話応対も最初は緊張していましたが、こういうふうにはなりませんでした。
職場での電話応対にはある程度マニュアルがあるから、それを身につければだいたいスムーズにできます。親戚の人に対してこんなになってしまうのは、自分にどこか自信がないからです。

ナンバーディスプレイで、電話に出る前に親戚から電話がきたことが分かるので、かかってきてもすぐに親に受話器を渡したり、居留守を使ったりしてしまいます。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.