電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

私は、昔から電話で話をしている最中に

私は、昔から電話で話をしている最中に、持っているペンなどをいじくる癖があります。真剣な話をしている時でも、ふざけた話をしている時でも、また、自宅でも公の場所でもどこでも、ペン回しをしてみたり、消しゴムをもて遊んでみたりと、手が必ず動いています。
これを自己分析してみると、元々私は人と話すのが苦手で、どうしても緊張してしまうタイプのため、対面で話していない電話でも、緊張を紛らわせるために手を動かしているのではないかと考えています。仕事中、先方から叱られているような過酷な状況の時には、特に手の動きは激しくなります。緊張を紛らわせるためにとっている行動、癖なのではないかと考えています。
これが悪いことなのかどうかは分かりませんが、仕事中は効率が悪いことは確かです。
電話中でも手は動かせるので、事務作業を進めていくべきですが、そういった効率の良い動きができるほど余裕がないということでしょう。今後改善していきたいと思っています。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.