電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

最近、特に目につく傾向として

最近、特に目につく傾向として、子供から大人まで柔軟に使いこなしている、ラインというものがありますが、これはインターネットが深く根付いた現代で、最も新しいコミュニケーション手段と言えるのではないでしょうか。とにかく、実に多くの人たちがこのラインを使いこなしています。このラインが流行る前は、メールが主流でした。
メールが世に登場した時も、随分と驚かされたものです。

メールやラインが使われ始めてから、あまり使用されなくなりましたが、伝統的なコミュニケーション手段に電話があります。昔、会社員時代にはよくこの電話を使ったものです。
電話を使って相手と会話する際、つい言ってしまうのが、「もしもし」という言葉です。
これはどなたでも経験があると思いますが、会社員時代には電話の際のマニュアルというものもあり、それには絶対に言ってはいけない言葉として取り上げられていました。

例えば、大切なクライアントを相手に、「もしもし」はないだろう、ということなのです。

でも、自宅でもいつも言っていることですから、ついつい出てしまうのです。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.