電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

私は、電話なのに対面とまったく違いがなく

私は、電話なのに対面とまったく違いがなく、体が動いてしまうことがあります。それがよいこともありますが、問題もあります。
電話なのに、気づくといつの間にか、電話のお客様に頭を下げていたり、対面時のように体が恐縮しているのです。
すると、仕事面でいつも厳しく指導されている部下からみると、滑稽に思われることが多く、上司として恥ずかしい思いをすることがあるのです。
「何だ、あの部長は」と二重人格に思われるのが、きっとまずいところです。

また、反対に、電話でも対面でも違いがないために、お客様からは「あなたは裏表のない方だ」という評価をいただいており、仕事の事務連絡よりも、人間の素の部分で付き合っているために、訪問した時はよいのですが、電話となるとついついフレンドリーなお客様に合わせて、長電話になってしまいます。それだけに、職場では「えっ、お客様と話していたの」と言われ、「家族への電話」や「友人への電話」だろうと、いつも間違われてしまうのです。

しかし、それでも、私の売り上げはいつも上位になっています。
そんなわけで、私の電話応答の際のクセや習慣は、その場にいるように、体まで動いてしまうこと、そしてフレンドリーに話すために、電話だと仕事をしていないように見えてしまうということです。

お役立ち情報

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.