電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

私は子供の頃から電話に出る時

私は子供の頃から電話に出る時、「どちらさまでしょうか」とつけるようにしています。これは親から教えられ、そのようにした方が、後がスムーズでいいと言われたからです。

電話応答の際のクセや習慣は、子供の時身についたものが大人になっても生きているもので、それが当たり前になっています。それに関して、私が小学生の頃、面白いことがありました。
私が何かの用事で先生の家に電話をして、自分の名前を名乗って、しばらく待っていました。
それが礼儀だと教えられたからです。
すると、相手は「ご注文はいかがいたしましょう」と言ってきました。
私は電話番号を間違えて、定食屋にかけてしまい、失礼のないように緊張していたので、相手の言ったことを聞き逃してしまっていたわけです。

最初の頃は、こうした一面もありましたが、応答の際に相手の言葉を待つことや、自分が誰であるか明らかにするのは常識で、慣れてくるとかなりスムーズに会話ができるようになりました。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.