電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

私は過去にいくつも電話の応対をする仕事をしてきました

私は過去にいくつも電話の応対をする仕事をしてきました。
そのため、自分がお客さんの立場で電話をかけた時や受けた時にも言葉づかいが丁寧すぎてしまったり、下手に出すぎてしまって、どちらがお客さんか分からないような状態になってしまいます。
それが習慣になっているというのもありますが、仕事での経験上、いくら相手が仕事でかけていると分かっていても、横柄な態度を取って嫌な気分にさせたくない、という気持ちが働くからだと思います。
ただ、困ったことが一つあります。自分が全く興味のないようなセールスの電話であっても、なかなかきっぱりと断ることができないということです。
仕事上、できないことをできないと明言することを避けていたがために、プライベートでもはっきりと意思表示をすることができなくなっていたのです。
自分では遠回しに断っているつもりでも「押したらいけるのではないか」と相手に思わせてしまうのでしょう。
必ずしも悪い習慣だとは思いませんが、こういうことがあると、良し悪しがあるなあと実感します。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.