電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

電話応答に限ったことではないのですが

電話応答に限ったことではないのですが、電話応答だとより顕著になるクセがあります。それは、やたらと「スミマセン」を連発してしまうことです。

こちらが謝る立場になくても、例えクレームの電話でも、気づくと「スミマセン、スミマセン」を連呼しています。元々アドリブに弱くて、設定していた内容はスラスラ喋れても、想定外の展開になるともう駄目で、敬語も何も吹き飛んでしまうのですが、そんな時がまさに「スミマセン」の独壇場となるのです。
相手を目の前にしていてもアドリブの弱さは変わらないのですが、表情やジェスチャーで多少のゴマカシが利くのですが、電話だとそうはいかず。
そういえば、電話でも表情を作ったり、大袈裟なジェスチャーをしていたりするのも、クセかもしれません。とにかく話し下手で、話し言葉以外での伝達の方がスムーズにいくというタイプなので、電話は苦手なものの代表格。いざかける前に、原稿を用意しておくくらいの気構えが必要です。

かかってきた電話となれば尚更で、発言の半分は「スミマセン」かもしれません。もう少しうまく電話対応ができたらいいな、と思うのですが…。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.