電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

仕事柄、電話応対が必須ですので

仕事柄、電話応対が必須ですので、1日にかなりの数の電話応対を行っています。
電話はその場に移動せずとも簡単に交渉できたり、文書を作成して書類やメールで送るといった手間もかからず、すぐに意思が確認できたりといい事が多いのですが、半面、顔が見えず、声のトーンや話し方で相手の様子を判断しなければならず、難しい側面もあります。
ですので、いくら慣れているとはいえ、電話での応答はとても気を遣い、緊張します。いつも心がけているのは、相手の事を思いながら話す事。相手が今忙しくないか、言いたい事の主旨は何なのか、あらゆるアンテナを張り廻らかし話しを進めます。
私がよく反省するのが、話の途中、相手にこちらの反応を見せたくて、通常よりオーバーリアクションで応答する事です。
例えば、分かっている事を伝えたくて「はい」という返事を連呼してしまったり、延ばして言ってみたり。これらは、いいタイミングで言うのは効果的ですが、あまり度を超し繰り返すと、却って相手に不快感を与えてしまいます。何ごともし過ぎるのはよくないようです。

不快感を与えずに応答する事が大事です。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.