電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

会社での仕事に電話対応があります

会社での仕事に電話対応があります。取次だけならいいのですが、時にはクレーム対応をしなくてはなりません。自分の答えられる範囲であれば、問題なく堂々とお答えできるのですが、時にはクレームにあたる時があります。
そうすると、基本的には電話を取った人間が対応しなくてはならないので、しどろもどろになり「申し訳ありません」「えっとえっと」と繰り返してしまいます。何でもかんでも謝ってはいけないことも分っていますし、時には毅然とした対応をしなくてはいけないことも分っていますが、穏便に済ませたい、早く終わらせたいという気持ちが先走り、ついつい謝ってしまいます。
顔が見えない電話対応なので、出来るだけ誠実にご理解をしていただきたいと思っているのですが、相手がイラついたり声を荒立てたりすると、思わず電話を切りたくなる衝動に駆られます。落ち着いて対応できるようにと、知識を増やしていきたいと思っていますが、言い回しひとつで同じことを言っていても違うので、言葉をよく知っている人を本当に羨ましく感じます。

お役立ち情報

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.