電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

電話対応の仕方は、私生活と仕事では大きく変わります

電話対応の仕方は、私生活と仕事では大きく変わります。私生活では、多少失礼な対応や間が空いてしまってもいいと感じるのですが、仕事ではそうはいきません。
私はテレアポのアルバイトをしていたことがありますが、その時に電話対応の難しさを感じる出来事がありました。
それは、電話対応の仕方によって相手の態度が変わる、ということです。
電話対応によって、契約が取れるか取れないかという、深刻な問題にかかわってくるのです。
やはり、低い声で暗い印象の電話対応だと、相手も気持ちよく話をすることができないので、電話対応する時には、トーンを一つ高くするようにしています。
テンションが低い相手と話をするよりも、明るく元気のいい相手の方が気持ちよく話をすることができると、テレアポのアルバイトをした時に知ることができたのです。
その時に、電話対応の際のクセを直すことができました。
私にとって、いい機会だったと思っています。
電話対応のクセは、周りから指摘されないとなかなか気づくことができず、直すこともできないので指摘される機会を持つことができ、良かったと感じています。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.