電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

電話応答する際についやってしまうクセは

電話応答する際についやってしまうクセは、話しながら身振り手振りをしてしまうことです。
当然、話している間は相手から自分の姿は見えないのですが、それとは関係なしに、自分の手が会話に応じて動いてしまいます。
最初の頃は、自分ではそのことに気づかず、電話している私を見ていた人に指摘されて、気づきました。
指摘された時には、とても恥ずかしいと思ったのですが、今もつい電話での会話が白熱してしまうと、身振り手振りが出てきてしまいます。
社会人のマナーというか、やはり動かさない方がスマートに見えますし、落ち着いた状態で話せればよいのですが、私にはなかなか難しいです。
おそらく、私にとって身振り手振りをすることが、自分を落ち着かせるために必要となっているのだと思います。おかしな話ですが、そうやって身振り手振りをしながら話すことで、自分の話が整理されていくような感覚に陥るのです。

会社で話す時には気をつけたいと思っているのですが、自宅で自分一人でいる時に電話をかける場合は、身振り手振りも許されるかなと思っています。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.