電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

私はエステサロンに勤務していて

私はエステサロンに勤務していて、マッサージなど施術以外に電話対応という大切な仕事も担当しています。
エステサロンで働くまで、仕事の業務として電話を使用したことがありませんでした。
仕事として電話対応をしていると、知らず知らずのうちに自分にクセがあることを知ったのです。
今でも、先輩から電話の対応について注意されることもあり、直している最中です。
電話をかけてきた相手に対して気持ちのいい対応をするのが一番なので、どのように対応されるのが気持ちいいのか、ということを学んでいるのです。

私が注意された電話対応のクセは、余計な言葉が多いということです。
どうしても間を持たせる時や、考え事をする時などに「えーと」など余計な言葉を入れてしまうのです。
聞いている側としては、耳障りな言葉だという事を知りました。
今はそれを直すために、相手にとって耳触りのいい言葉を意識して、電話対応するように心掛けています。
電話は、声や言葉でしか相手とつながることができないので難しいですが、相手にとって気持ちのいい技を身に付けるのが、私の目標です。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.