電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

自分で電話応答をしている時には

自分で電話応答をしている時には、クセや習慣があるとは自覚できない事がしばしばであり、他人に指摘されて初めて認識できるといいます。自分にとっては、ごく普通の受け答え方法であったりするため、それが稀有な事だとは分からないのです。

自身を振り返ってみると、相手の言葉に相槌を打つ時、常にぺこぺこと頭を下げているというクセがあると、同僚に指摘されたことを思い出します。相手からは自分の様子が見えないにも関わらず、単なる相槌の時にも必ずぺこぺこと頭を下げる様子が、周りから見ていてなんともユーモラスだったと言われました。

このクセの功名なのか、常に低姿勢で応答する社員だと相手からは思われ、丁寧に対応してもらえたことは、良かったです。
実際に頭を下げつつ話していると、声の抑揚が、低姿勢な態度を電話越しで伝えることがよく分かりました。
一度ついたクセは、直そうと思っても不意に出てしまうものです。
ビジネスに何らかのプラスになっているのならば、無理に直さなくても、自分の個性として受け止めることができます。

Copyright (C)2020電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.