電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

私は子供を持つ親ですが

私は子供を持つ親ですが、地域や学校からの連絡網などがあり、たびたび連絡がきます。電話応答をする際の習慣として、相手からの伝言はどんな内容でもメモを簡潔に書き記します。
私は記憶力が悪いので、聞いた内容を覚えようとせずに、必ずメモ書きをします。その時には、読みづらい程の汚い字で書いてしまいます。相手が多くの情報量を話す場合には、その全てを書く必要があるので、スピード重視で書きます。
セールスの電話がくる時もありますが、その時も一応メモを習慣としてとってしまいます。興味の無い内容であっても、もしかしたら後で気になるかもしれないので、会社名や人名、相手の連絡先をきちんと聞いて記録しておきます。
電話の話し方が非常に早口の人がいますが、その時にはメモを取るのがとても大変です。
話し方が早いほど、メモの字は汚くなり、自分でさえも何を書いてあるのか分からなくなる時もあります。早く正確に書き記す必要を感じています。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.