電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード

電話は直接相手と会ってする会話とは異なり

電話は直接相手と会ってする会話とは異なり、相手の顔や表情が見えません。知っている相手であっても、その時の気持ちや状況によって、電話の受け答えに変化がある場合も見られます。
ましてや、初めて電話をする相手の場合、相手も多かれ少なかれ警戒心を抱いている場合があります。そんな緊張がこちらにも伝わってくると、どこか会話がぎこちなくなってしまい、伝えたいことの半分も伝えられないことになり兼ねません。
そこで、電話をかける時にはいきなりではなく、一呼吸間をとることで冷静さを保つようにしています。また、これから電話をする相手の性別や年代などの情報から、最低限守らなければならない態度やマナーなどをイメージすることに努めています。ほんの僅かな時間でできることですが、行き当たりばったりで電話をするのと、一呼吸をつけて冷静になり相手のことを意識して電話をするのでは、随分と落ち着きが違うものです。

電話で伝えたいことを満足にできるようにするには、それなりにイメージを作り上げるのがいいように思います。

Copyright (C)2019電話応答の際のクセや習慣に関するエピソード.All rights reserved.